紫外線ケア

レーシック手術後のアイメイクの注意点

レーシックの手術は、目の角膜に傷がつきますので、その傷がある程度安定するまでは目に余計な刺激を与えないことが大切になります。
特に、手術当日は、角膜の表面に作られたフラップという部分が剥がれやすくなっていますので、目をこするなどはやってはいけませんし、また、ちょっとした刺激もひかえなければなりません。
(女性の場合には)アイメイクなどをしたくなるのでしょうが、手術当日は、アイメイクばかりでなく化粧全般をひかえることになると思います。

これは、化粧品の成分が目に入ることで目を刺激してしまうこともありますし、アイメイクなどは、まぶたの上から手術したての角膜を刺激しやすいことがありますので、やらないほうが懸命だという事になります。
手術の翌日以降はと言いますと、アイメイクの場合は、やはりまだまだ角膜表面のフラップが安定していませんからそりに刺激を与えることは避けたほうが良いでしょう。
せっかくレーシックの手術をして裸眼で生活ができる環境を手に入れたのですから、せめて一週間くらいはそっとしておいた方が安全でしょう。

術後一週間を過ぎますとフラップの傷も大分癒えてきますので、少しくらいの刺激は大丈夫だと思いますが、それでも目のまわりを触る時にはなるべく刺激を与えないようにした方が良いでしょう。
何故こんなに気を使うのかと思う人もいるでしょうから、その理由を少し細かく説明してみます。
レーシックの手術は、角膜の表面を薄く剥ぎとってフラップという蓋になる部分を先に作っておきます。

次に、このフラップをめくって、その下の角膜を削ることで視力矯正をして、めくってあったフラップを被せて終わります。
術後のフラップは被せてあるだけですから、こすったりしますと簡単にずれてしまいます。
このフラップがしっかりとしてくるまでには、他の部位でも傷が癒えるのに時間がかかるようにある程度の期間そっとしておかなければなりません。
その間は目への刺激を避けるわけです。
アイメイクが出来ない間は、カラーグラスなどをかけて代用としたらいかがでしょうか。

このページの先頭へ