紫外線ケア

レーシック手術後のアイプチ

一重まぶたを二重にする化粧品がアイプチというもので、今では女性ばかりでなく男性も使っているようです。
アイプチの類似商品も含めてみますと、結局は目のすぐそばにあるまぶたに化粧品を塗るということが本質的なことになるわけです。
このような化粧品は、長期間の使用でまぶたに炎症を起こすことやそこまでいかなくても跡が残ったりすることもあるといわれています。

ところで、レーシックの手術は、目の一番手前にある角膜という部分を加工して(傷をつけて)視力を矯正するものですが、まぶたの裏と角膜は接していることに気がつかなければなりません。
レーシックの手術直後は、角膜が傷ついていますので、痛みがあってアイプチをつけて二重にするという事は事実上出来ないでしょう。
しかし、次の日くらいになりますと痛みも引いてきますのでも早速やってみようと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、先程も記しましたように角膜とまぶたは接していますので、角膜の傷があるうちにアイプチを塗るという事は非常に危険であると言わざるを得ません。
レーシックの手術では、角膜の表面を剥がしますので、手術後しばらくは、剥がれやすくなっています。
これがある程度安定するにはひと月ほどかかるといわれていますから、それまでは目に力を加えたり化粧品などが入るような刺激を避けなければなりません。

もし、目に力が加わったことで角膜の表面が剥がれたりしますと再度はりつけなければならなくなりますし、少しずれただけでもものが見にくくなりますのでこの場合も再度手術という事になります。
また、化粧品などが目の中に入って角膜を刺激したりしますと、最悪の場合には感染症などになり、また通院という事にもなり得ます。
レーシックは十数万円の費用が標準といわれていますが、これだけ投資したのですからまぶたの形を整えることくらいで無に帰すのはもったいないはなしです。
ひと月くらいは辛抱したほうが良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ