紫外線ケア

レーシック手術は安全?

レーシック手術は歴史の浅い視力矯正の方法で、世界的には、1990年が始まりだとされています。
日本では、一部では1990年代の中頃から導入されていたようですが、国が(エキシマレーザーを)認めたのが2000年になってからですので、まだ、十数年しかたっていません。
また、最近では、この手術の最初の段階で、(本来のレーシックである)特殊なメスを使う代わりに(より安全な手術が期待できる)フェムトセカンドレーザーという特殊なレーザーを使う方法が取り入れられてきています。

今、日本では、レーシック手術を手がけている医院やクリニックがたくさんあります。
個人でやっているところもあれば、チェーン店のように全国展開している大規模なクリニックもあります。
結局、レーシック手術の安全性は、上記の手術方法とともに執刀する医師の技量によるところが大きいですから、手術を受けるところを選ぶ時にはよくよく調べてからでないと後悔することもあります。
手術を行っている医院やクリニックの選び方はこちらhttp://tcbyct.com/を確認してみてください。

レーシックの手術では失明するような大事故は、ほとんど聞きませんが、副作用や合併症がいろいろと知られていますので、運が悪い時には、これらに悩まされることもあります。
実際、この手術は100パーセントの完全性はありません。
しかし、この手術を受けた人を統計的に見てみますと99パーセント以上は、特に問題なく視力矯正ができているといいます。

しかし、残りのあまり手術が上手く行かなかった人たちは、レーシック難民などと呼ばれて、後遺症などに悩まされているのも事実です。
また、再手術が難しいこともこの問題が大きい理由になっています。
手術の安全性は誰でも考えますが、本当に安全性に気を使うのであれば、手術代金の安さにばかりに気をとられずに、クリニックの実績や執刀医の技量、フェムトセカンドレーザーを使った手術方法(イントラレーシックなどと呼ばれています)かなどを調べて、手術を受けるところを決めるようにしたいものです。
レーシックの安全性についてはこちらも参考にしてください。

↓一般的な視力回復率はこちら

このページの先頭へ