紫外線ケア

レーシック手術後のビューラー使用について

レーシックの手術後の角膜は、フラップという角膜の表面を剥がした部分が水分の表面張力でくっついている状態になっています。
これは、極めて不安定ですので、体の持っている傷の修復作用でくっつくまでは余計な刺激や強い力を加えることは避けなければなりません。
もし、角膜が安定する(傷が癒える)前に力が加わったりしてフラップがずれたり剥がれたりしますと再度手術して元通りに戻さなければならなくなります。

また、傷口からバイキンが入ったりしますと結膜炎などの感染症にならないとも限りませんので、異物を目の中に入れるのは厳禁という事になります。
ビューラーというものは、目のすぐそばにあるまつ毛を整える器具ですが、まつ毛が目に極めて近いところにありますので、普通はレーシックの手術の後にこの器具を使うという事は考えられません。
手術直後は麻酔が切れて痛みがましてくることが多いですから、ビューラーなどを使う余裕はないと思います。

また、視力も安定していないことが多いですので、鏡を見るのにも一苦労だと思います。
そのようなわけですから、手術当日には、ビューラーを使うことは事実上できないのではないでしょうか。
手術の次のからは痛みも気にならなくなり視力も大分安定してきますので、化粧などをする余裕もうまれてくると思います。

しかし、目のまわりに関してはあまりいじらないほうが懸命だと思います。
ビューラーは、角膜から数ミリのところで使いますので、万が一目に入ったりしますとバイキンが入る事も考えられますし、まだしっかりとくっついていないフラップをずらしたり剥がしたりしてしまうことも考えられます。
また、まつ毛が目の中に入ってもあまり目に良くはないでしょう。
このような器具を使うのであれば、フラップが安定してくる一週間後からひと月後くらいからだといわれていますので、それまでは別の手段を考えて見たほうが良いと思います。
なお、詳しい話は、手術を受けた医療機関で聞いてみるようにして下さい。

このページの先頭へ