紫外線ケア

レーシック手術の合併症

レーシック手術での合併症では、以前に事件にもなった衛生状態の不備からきた感染症結膜炎が有名です。
このようなものは、基本的に不衛生という普通の医療機関では考えられないものですから心配しなくても良いのですが、一部の(不良)医療機関では稀に起こることがあります。
これ以外に衛生状態が悪い時には角膜に異物が入り込んでしまうようなこともあるようですが、これなども普通の医療機関では考えられないことです。

レーシックの手術では、角膜の表面を薄く削ってフラップという蓋の役目をする部分を作りますが、このフラップの作成の時に未熟な医師が執刀しますといろいろと不具合が出てきます。
これをフラップ形成不全というようですが、フラップの形が完全でなく手術自体が失敗したことになります。
最悪の場合では、フラップがめくれ上がってしまうこともあるようです。

このほかには、角膜(の周辺)が混濁してしまうエピセリウムイングロースという合併症もあります。
これは、混濁の原因となるものを取り除くことやフラップを再度きれいにすることで対処するようですが、なかなか手間がかかります。
人の角膜は薄いもので、0.5mmから0.6mmの厚みだといわれています。

レーシックではこの部分を削って視力矯正をするので、手術後には角膜が薄なります。
普通のところで手術する時には安全に配慮して残りの角膜の厚みを0.25mmから0.3mm以上残すのですが、この残りの角膜の厚みがたりませんと角膜拡張症と呼ばれている症状がでてしまうことがあるそうです。
これは、かなり重症な症状ですが、普通は起こりません。

この他にも手術中のレーザー照射が原因となるセントラルアイランドと呼ばれるものやサハラ砂漠症候群という極めて稀に起こる合併症なども知られていますが、現在の技術はかなり進んできていますので、普通のところで手術をして合併症を起こすことは殆ど無いといわれています。
いずれにしましてもレーシックは実績のある医療機関で受けることだと思います。
レーシックについての詳しい説明はこちらもどうぞ。

このページの先頭へ