紫外線ケア

レーシック手術とメガネ、コンタクトの比較

近視などの人の場合には、ただかけるだけで良いのですからメガネによる矯正が一番簡単でしょう。
しかし、強い運動の時などではメガネは邪魔になることもありますし、パイロットなどの特殊な職業では、メガネなどでの視力矯正が認められていないこともあります。
コンタクトレンズを装着して視力矯正をしますと、メガネほど邪魔になりませんが、入れたり外したりが面倒ですし、日々の手入れもあります。

また、使い捨てのコンタクトもありますが、結構お金がかかります。
もうひとつメガネなどによる視力矯正は、目の形を変形させてしまい、さらに視力が低下するという事も知られています。
メガネをかけはじめた人が度が進んでしまったために何度もメガネを作り直すことは珍しくありません。

コンタクトでも同じようなことがありますが、こちらの場合には、長期間の装着で角膜に影響が出る事が知られています。
コンタクトを毎日取り外していたとしても20年から30年という期間装着し続けていますと角膜に負担になり最終的には装着ができなくなるといわれています。
また、コンタクト装着者にはドライアイなどの症状が出やすいことも知られています。

金銭面では、メガネ、コンタクト共にその寿命がありますので、一定期間内で作りなおすことが一般的でしょう。
長い期間でトータルとして考えますとかなりの出費になるのではないでしょうか。
一方で、レーシック手術では、手術にかかる費用が近年かなり安くなってきています。

レーシックがはじまった頃には100万円程度と高額であった手術費用が、今では、10万円以下でもできますし、良く利用されるメニューでは10万円から20万円です。
これでメガネやコンタクトから開放されますので、高いか安いかは、この開放感にどのくらい価値を認めるのかという事になります。
レーシックを受けた人に聞いてみますと概ね満足しているという答えが返ってきますが、やはりメガネなどに煩わされない生活に満足するようです。
目の悩みに対するレーシックの効果はこちらから。

↓視力低下の原因についてはこちら

このページの先頭へ