紫外線ケア

レーシック手術で保険は適用されるのか?

医療関係の保険には、公的な健康保険などと保険会社などの保険商品で扱われているものがあります。
公的な医療保険は、レーシック手術そのものには適用されません。
しかし、手術の前後手には必ず検査がありますが、こちらの方は公的な保険が適用できる場合があるそうですから受診した医療機関にきいてみると良いでしょう。

保険会社などの保険に加入している場合には、その保険商品によって異なりますがオプションによっては、全額でないにしろ保険金が出る場合があるそうです。
この場合は保険証書に明記されていますのでよく読んでみることでしょう。
ところで、しばらく前までは、レーシック手術が一般的に知られることがなかったため、多くの生命保険などでは、オプションでこのような手術費用がカバーされていたようです。

しかし、ここ数年でレーシックの手術というものが広く知られるに連れてこの手術を受ける人の数が大幅に増えたことにより、保険会社の方でも、その対策としてレーシック手術に対する保険金の支払いをしないという事が明記されている保険商品が増えてきたようです。
そのために、新しく保険に加入したした人では、残念ですが、保険金の支払いを受けられない場合が多いのではないかと思います。
保険金とは直接関係ありませんが、税金の関係では、医療費控除というものがあります。

これは、一年間にかかった医療費が一定の額を超えますと税金の申告(確定申告)をするときに控除できる制度です。
手術費用はもとより診察代や薬代、診察や手術の時にかかった交通費なども含まれます。
このため、面倒でもいちいちメモを残しておくことや薬代などのレシートをとっておくことが必要になります。
特に地方に住んでいますと近くにレーシックの手術を手がける医療機関がない場合が多いですから、いざこの手術を受けてみようとしますと医療機関までの交通費がばかになりません。
このような時には、この医療控除を上手く使うと税金の節約ができると思います。
全てではないですが、外資系の保険会社の場合はレーシック手術が医療保険の対象になることもあります。

↓毎日の生活をよくしてくれるレーシック

このページの先頭へ