紫外線ケア

レーシック手術の主な副作用

レーシック手術でよく起こる副作用では、ドライアイが一番多いのではないでしょうか。
ドライアイはレーシック手術を受けた人に多かれ少なかれ出る症状だといわれています。
これは、目の表面を覆う涙の量がすくなくなり乾きやすくなってしまうというものですが、特にコンタクトレンズを長い間使っている人にもみられる症状です。

このようなことからコンタクト歴が長い人がレーシックの手術を受けるとドライアイの症状http://www.qthreads.com/が強く出るといわれています。
ドライアイの対処としては、点眼薬をつけることが一般的ですが、症状が重い場合には、簡単な手術で涙を出やすくすることもできるようです。
ハロ、グレアと呼ばれている症状もレーシックの副作用として良く知られています。

この症状は、夜にライトなどの光源を見た時に滲んで見えるというもので、レーシックの手術を受けた人では、個人差はありますが、だれでも経験するものだそうです。
この症状は、特に、近視の度が強い人に多いともいわれています。
また、これも個人差があるのですが、太陽などの光が眩しく感じるというような症状もあります。

レーシックの手術は、目の表面の角膜を削ることで視力矯正をするのですが、角膜を削るときに微妙な歪みが生じますと乱視の原因になるそうです。
手術中は目(眼球)を固定して行うのですが、これがしっかりと行われていない時に、この歪みができると言いますので、執刀医の技術が未熟であることが術後に強い乱視が出てくる大きな原因だとされています。
よく起こるものとしては、手術の時に目にかかる圧力のせいでできる目の中の出血があります。
手術の時には、目に圧力をかけて固定するのでどうしようもないのですが、この出血は手術後何日かで自然と消えるそうですから、心配はないという事です。
このほかにも副作用として知られているものはありますが、今の技術で熟練の医師が執刀する場合では、上記以外のものはあまり気にしなくても良いと思います。

このページの先頭へ