紫外線ケア

レーシック手術後のカラコンの装着

カラーコンタクトレンズはファッションのために装着されることが多いものです。
それで度の入っていないレンズが多いでしょうが、コンタクトレンズには変わりありませんので、角膜にはあまり良いとはいえません。
レーシック手術は角膜を加工して変形させることで視力矯正をする手術ですが、術後すぐは、角膜(の表面)が傷ついていますので、カラーコンタクトレンズの装着はできません。

角膜の傷がある程度癒えるにはひと月ほどかかるといわれています。
それですからカラーコンタクトレンズの装着も術後ひと月くらいから可能になるというはなしです。
ところで、レーシック手術では、角膜の形が変わってしまいます。

もし、角膜の表面の形がコンタクトレンズの装着に向かない場合には、残念ですが無理でしょう。
ただ、ハードコンタクトは無理でもソフトコンタクトであれば可能である場合もあるそうですから、それは専門家に相談して見ることでしょう。
しかし、コンタクトレンズ一般に言えることですが、コンタクトレンズの装着は、角膜にとってはあまり良くないとされています。

理由は、コンタクトレンズの装着によって角膜に栄養分などを供給する涙の流れが阻害されて、長い期間でみますと角膜の組織が死んでいって角膜が薄くなってしまうからです。
長期間コンタクトレンズをしていた人では、中年以降歳をとった時にコンタクトレンズの装着ができなくなるひともいるといいます。
レーシック手術では、角膜を削りますので、確実に角膜は以前より薄くなります。

このような状況でコンタクトレンズを装着するという事はあまりすすめられません。
また、レーシック手術の後では、ドライアイになりやすくなるといわれていますので、カラーコンタクトレンズの装着でより一層その症状が悪化することも考えられます。
そのようなわけで、わざわざ度の入っていないカラーコンタクトレンズを装着して角膜を痛めることもないと思いますが、いかがでしょうか。

このページの先頭へ