紫外線ケア

レーシック手術前の検査は?

レーシックの手術で視力矯正をしたいと思った時には、最初に手術を受る医療機関を決めなければなりません。
これは一番大切なことで、実績のある誠実なところを選びたいものです。
医療機関が決まりましたら事前検診の予約(ほとんどが予約制になっているようです)をします。

今ではインターネットで予約できるところが多いですから簡単です。
事前検診は、目の検査がほとんどですが、持病などがある場合には手術が受けられないこともあります。
例えば、中年以降に多い糖尿病などで合併症が出ていたりしますとレーシック手術が難しくなることもあります。

レーシックは、視力矯正のために行うものですから、視力検査は最初に行われます。
近視、遠視、乱視などの度数がどのくらいあるか調べるわけです。
次に角膜の形状や状態、歪み(乱視の原因)などをしらべて、視力がどのくらいあるか決定していきます。

角膜に関しては、かなり詳しく調べますが、その中に角膜の厚さを調べる過程があります。
レーシックは角膜を削って視力矯正をするものですから、この角膜の厚さがたりない人の場合は、レーシック手術を受けられないこと多く、代わりにレーシックに似た別の手術を勧められることもありますし、全く手術が出来ないこともあります。
目に関しての角膜以外の検査では、眼底(網膜)検査と眼圧検査があります。

特に眼圧に関しては、レーシック手術の最中に眼球を固定するために目に圧力をかけますので、あまり眼圧が高い人の場合には不測の事態(網膜剥離など)が考えられますので、手術出来ないこともあります。
ひと通りの検査が済みますと、検査結果からどの手術メニューにするかなどを医師と相談します。
あとは手術をいつにするのかを決めれば(後日でも良いようです)事前検査は終わりです。
これらの事前検診は、細かくわけますと10項目以上行われますので、実際のレーシック手術よりも時間がかかることが多いですから時間の余裕を見て受診することが必要だと思います。
レーシック手術のおおまかな流れはこちらhttp://www.cpu-collector.com/を参考にしてみてください。

このページの先頭へ