紫外線ケア

レーシック手術後のコンタクトレンズの装着

レーシックの手術はメガネやコンタクトレンズでの視力矯正がわずらわしいために行われるものですから、レーシック手術をした後にコンタクトレンズを装着するという事は、ファション性の度の入っていないカラーコンタクトレンズなど以外には考えられません。
しかし、どうしてもこのようなコンタクトレンズを装着したいのであれば、手術を受けた医療機関など相談して見ることでしょうが、一般には手術後一ヶ月以降くらいからコンタクトレンズの装着は可能であるといいます。
一方、レーシックの手術を受けてから年数がたちますと手術直後の視力から大分落ちてくる人もいるそうです。

レーシックの手術は角膜を削る手術ですから角膜が薄くなってしまいます。
したがいまして視力が落ちてきたからと言って再度レーシックの手術を受けようと思いましても出来ないことが多く、メガネかコンタクトレンズで視力矯正をすることになるかもしれません。
このようなときには、手術から大分時間もたっていますから角膜状態も安定していますので、普通の人でしたらコンタクトレンズの装着に問題はないでしょう。

しかし、手術によって角膜の形が変わってしまいますので、場合によってはコンタクトレンズが装着できない人もたまにいるといいます。
そうはいいましてもハードコンタクトが無理でもソフトコンタクトなら大丈夫という事もあるそうですから、まずは専門の人に相談して見ることだと思います。
ただ、コンタクトレンズは、角膜への栄養分を補給する涙の流れが悪くなることから角膜の組織を徐々に破壊してしまうといわれています。

このためにコンタクトレンズわ長期間装着した人の角膜は普通の人のそれより薄くなっているといいます。
また、コンタクトレンズの装着ではドライアイになりやすくなるともいいます。
それ故、レーシック手術を受けた人が何年かして視力が落ちて再度視力矯正する時にはコンタクトレンズよりもメガネの方が良いのではないかと思います。
メガネやコンタクトレンズが嫌などの理由でレーシック手術する方は、手術したことによって起こるメリットやデメリットをよく考えてから受けるようにしましょう。

このページの先頭へ