紫外線ケア

レーシック手術完了後に注意する事柄

レーシックの手術は、目の角膜を加工することで視力矯正をするものです。
つまり手術後は角膜に傷がついた状態になっているという事です。
そのようなわけですから、手術後の注意点は、目にあるいは角膜に刺激を与えないことと傷口から細菌が入って感染症などなることを防ぐということになります。

具体的には、保護用のメガネをかけて目を刺激しないように、強い力がかからないようにします。
また、手術後は目の状態が安定していないことが多いですから強い光などから目を守るためにサングラスや色付きのメガネをかけて保護するようにします。
手術当日は、目に異物が入らないように特に注意しなければなりませんので、入浴はしないようにして、洗顔をするときにも気をつけて目を守るようにします。

就寝時には、無意識のうちに目を刺激しないように目を保護するための眼帯かアイマスクなどをつけます。
これは、角膜が安定する一週間くらいは続けたほうが良いでしょう。
手術の次の日からは、普通の生活ができるようになりますが、まだ視力等が安定していないことが多いですからサングラスやカラーグラス、UVカットのメガネなどをかけて強い光や紫外線から目を守るようにします。

また、自動車の運転は、視力が安定していれば別に構わないのですが、安定していない時には避けたほうが良いようです。
特に夜の自動車の運転では、ライトの光が滲んで見えるような症状やライトの光を眩しく感じる症状が出やすいですから、視力が安定するまで避けたほうが懸命です。
入浴などは手術翌日から普通にしても良いようですが、とにかく目に刺激や力を加えるという事は極力避けるようにします。

女性の人の化粧なども翌日からは問題ないと言いますが、目の近くの場合は、しばらくの間避けたほうが良いようです。
しかし、どうしてもという場合には、気をつけて行うことです。
スポーツをしている人の場合には、強い運動は角膜の状態が安定するまでは避けたほうが良いでしょう。
目に強い力がかかって角膜が剥がれたりしますと後々面倒なことになります。 
レーシックの手術後の後遺症はこちらで確認してみてください。

このページの先頭へ