紫外線ケア

レーシック手術後のマスカラの注意点

レーシックの手術は、結局、目に傷をつけることになりますので、手術後は目に刺激を与えないことが大切になります。
その期間は人によって異なりますが、最初の一週間からひと月くらいが目安です。
また、手術後に時間が経っていても(事故などで)強い力が目に加わりますと再度手術しなければならなくなることもあります。

マスカラは、まつ毛を加工するものですが、まつ毛が眼に近いところにありますので、よほど気をつけていても目に刺激を与える事が考えられます。
そのようなわけですから、レーシックの手術後すぐには避けるべきでしょう。
どのくらいの期間避けるべきかは人によります。

ただ、その人本人の問題ですが、目が大切だと考えるのでしたら、術後一、二週間からひと月くらいは避けたほうが良いと思います。
ただ、中には技術に自信のある人もいるでしょうから、そういう人の場合は、術後翌日からでもできると思います。
手術後に目に刺激を与えることを避ける理由は、痛みのこともありますが、レーシックの手術の特殊性からきます。

レーシックは、目の角膜の表面を薄く削ることから始まり、最後にその部分を被せて終わります。
この部分は、手術直後には、ただ水分の表面張力ではりついているだけですので、非常にずれやすくなっています。
万が一ずれますとまた手術するという事になりかなり面倒です。

この角膜の表面がしっかりとくっつくまでにはある程度の時間がかかります。
このためにこの部分が安定するまでは目に刺激を与えないようにしなければならないのです。
マスカラの場合は、かなり角膜に近い部分をいじるわけですから、目にまつ毛などが入らないとも限りませんし、微量な化粧品の粉末などが入ることで角膜を刺激することあります。

また、角膜の傷から細菌が入ったりしますと、感染症にかかる恐れもないとはいえません。
このようなわけですので、手術後、日がたっていない時にマスカラをするということは慎重にしなければ、後々面倒なことにならないとも限りません。
レーシック手術前後のまつ毛エクステの取り扱いについてはこちらhttp://www.omgitsfree.com/をご覧になってみてください。

このページの先頭へ