紫外線ケア

レーシック手術のメリットとは?

レーシックは主に近視矯正のための手術です。
軽い近視の人であれば、普段の生活では、メガネやコンタクトレンズを使わなくても不便を感じないのでしょうが、視力が0.1を下回っていますと、どうしてもメガネやコンタクトレンズで矯正しませんと生活する上で不便http://www.salmonfestival.net/ですし、危険でもあります。
ところが、メガネをかけたりコンタクトレンズを装着することは結構面倒です。

これは、視力が普通の人にはわからないことですが煩わしいものです。
また、強度の近視の人になりますと矯正と言っても限界があり矯正視力が0.5程度かそれ以下にしか出来ないこともあります。
もうひとつメガネなどでの近視の矯正は、多くの場合、視力がどんどん落ちていきます。

メガネをかけることで、それに合わせて目の形が変形していき視力が落ちるのだといわれていますが、近視の人でメガネを何回も作りなおした経験のある人も多いと思います。
コンタクトレンズに関しては、その装着期間が長くなりますと目の角膜に影響が出てくるといわれています。
ハードコンタクトレンズなどでは25年から30年くらいが装着の限界だともいわれていますので、歳をとってきた時に問題が起こるかもしれません。

上記にようなことを解決できるのが、レーシック手術です。
手術自体の時間が短く、使用する機器の性能も年々良くなっていますので、信頼できる医療機関で手術をしますと満足の行く結果が得られると思います。
また、この頃ではレーシックの料金も下がって来ましたので、メガネやコンタクトレンズにかかる費用と比較しても、それほど変わらないところまできています。

なんといっても裸眼でものがよく見えるという事が、レーシックの良いところです。
また、スポーツ選手やパイロットなどのメガネ、コンタクトレンズの装着ができない職業では、このレーシックが欠かせないものになってきています。
パイロットの場合には、正式に認められている(ある特別な機器を使用した)レーシック手術があるくらいですから、その信頼性も高いと言えます。
レーシック手術を受けた人の体験談はこちら。

このページの先頭へ