紫外線ケア

レーシック難民とはどのような人のこと?

レーシックの手術には、様々な副作用や合併症があります。
今の技術では、合併症などはほとんど防ぐことができるようですし、副作用についても使用する機器の性能が良くなってきていますので、普通の手術であれば個人差はありますが、術後に不都合が起こることは少ないと言います。
しかし、レーシックの手術後にいろいろな障害が出ることも数は少ないながらもあることも事実です。

手術を受けた医療機関でのケアが上手く行くと良いのですが、そうでない場合もあります。
このように術後のケアが上手くなされずに、障害が残ってしまった人のことをレーシック難民と呼ぶようです。
レーシック難民は、ある面、眼科医の営業用に作られた造語だといわれていますが、手術を受けたところで、見放されたあるいは症状の改善が出来ない人が、他の医院などを受診することで、表面化してきたものです。

レーシックの手術は、目の角膜を削って(主に)近視の矯正をするのですが、一回手術をしますと角膜が薄くなりますので、再度手術をするという事が出来ない場合が多く、できたとしても技術的に難しく、(再手術が)できるところは少ないといわれています。
例えば、手術の結果、過矯正になってしまったような場合では、見えすぎて困ることになります。
しかし、再手術が難しいために根本的に治すことができません。

症状が軽ければまだ良いのですが、頭痛などの症状が続きますと社会生活に支障をきたしたりしますので、この問題は解決ができにくくなります。
執刀医が技術的に未熟であったりした時には、角膜に微妙な歪みができ乱視の原因になることもあります。
この場合も再手術ができると良いのですが、技術が未熟なところで再度手術を受けることは避けたいですし再手術自体が難しいですから、このようなときにも解決が難しくなります。

いずれにしましてもレーシック難民にならないためには、実績のある信頼できる医院などで手術を受けることにつきます。
さらには、手術前に担当医師と(視力の矯正度、術後の副作用などについて)良く話し合って納得することが大切だと思います。
レーシックが普及した理由についての記事も参考になるかと思います。

このページの先頭へ