紫外線ケア

レーシック手術のリスクとは?

レーシックの手術では、失明するような大きな事故は起きていないようですが、その他にはいろいろな不具合が出る場合があります。
いくつか紹介してみますが、今のレーシック手術で使用しているレーザー機器は高性能なものが多いですから、これに加えて熟練の医師が手術することで手術後の不具合(リスク)はかなり少なくなっています。
レーシック手術は、基本的に近視を矯正するために行われます。

このために矯正し過ぎになる場合があります。
つまり見えすぎて困るということです。
レーシックの術後は、しばらくの間視力が安定しないといわれています。

また、術後当初は遠視気味であったとしても、しばらくすると自然に設定した視力に落ち着いてくるといわれていますので、過矯正かどうかは、しばらく様子を見ることになると思います。
過矯正の時に困るのは、PCなどの作業のように近くのものを見るときに疲れやすくなったりすることです。
このような場合には、遠視用のメガネなどを使うことで一応の解決をすることができます。

なお、再手術は、残りの角膜の厚みによっては出来ない事が多いですから、矯正後の視力に関しては、手術前に医師とよく相談することです。
レーシックの副作用では、夜間の電灯などの光が滲んで見えるハロと呼ばれているものや、日中の太陽の光が眩しく感じるような副作用も知られています。
また、術後に乱視が出る場合もあります。
これは、角膜を削るときに微妙な歪みが生じるために起こりますが、許容範囲に収まることが多いといわれています。

特に、コンタクトレンズを長期にわたってつけていた人の場合には、術後のドライアイも良く起きるといわれています。
このようにレーシック手術http://www.zarzarland.net/では、いろいろな副作用などが起こりやすいですから、完璧を求めることは諦めなければなりません。
その他には、いろいろな合併症が知られていますが、熟練の医師の手術ではほとんど起こらないと思って良いでしょう。
もうひとつ感染症もありますが、これなどは衛生管理の問題になりますので、そのようなところを選ばないことにつきます。

このページの先頭へ