紫外線ケア

レーシック手術後の市販の目薬使用について

レーシックの手術は、結果的に目の角膜に傷をつけることになります。
このため傷口などから細菌が侵入たりしますと感染症にかかったりする恐れがありますから、なるべく細菌などの感染を防がなくてはなりません。
市販の目薬についてですが、これらの目薬は、何度も繰り返し使うようにできていますので、使う期間を長くするために防腐剤が入っていることが多いようです。

このような防腐剤は、製品としての目薬の使用期間を長くするために入っているのですが、それでもひと月程度が使用期限だといわれています。
この防腐剤の役目は、目薬の中で細菌が増殖するのを防ぐためなのですが、細菌を消滅させることはできませんので、殺菌という面では不完全です。
また、市販の目薬の防腐剤の成分が、レーシック手術の直後、数日から数週間では、その傷口などを刺激することがありますので、基本的にこの間は使わないようにしたほうが良いでしょう。

実際、レーシックの手術をした後には、その医療機関から手術後の過ごし方の説明がなされますが、その時に目を守るための器具と共に一週間分くらいの目薬がついてきます。
この目薬には防腐剤などの術後の目に良くない成分が入っていないもので、使用期限も短いですから使い切った時などは、再度、医療機関から手に入れることとなります。
この時に市販の目薬を併用するようなことは先程述べた通り目によくありませんので避けるようにします。

また、医療機関からの説明の時にも説明があると思います。
術後、ひと月ほどしましたらフラップの傷も大分良くなりフラップ自身も安定してきますので、市販の目薬を使用しても問題はないと言いますが、この時にもできるだけ防腐剤の入っていない製品を使用することが目にやさしいといいます。
ただし、防腐剤の入っていないものは使用期限が短いですから、その点は注意して下さい
ところで、詳ししい話は、やはり手術をした医療機関の医師が一番でしょうから、この件のように不安に思ったことは聞いて見ることだと思います。

このページの先頭へ