紫外線ケア

レーシック手術で視力回復

近視の矯正には、昔からメガネを使用することが普通でしたが、近年になってコンタクトレンズも利用されています。
しかし、目の(角膜)手術で近視を矯正するという事が考えられ、それを実際に実行した人もいましたが、予後が良くないことが多く余り一般的に行われなかったようです。
ところが、レーザー技術の進歩によって目の角膜を薄く削れるような(レーザー)機器が発明されてからは、副作用や合併症が比較的少ない視力矯正手術ができるようになりました。

このレーザーを使った視力矯正手術のひとつをレーシック(手術)と呼んでします。
このレーシック手術は最初は欧米で広まりました。
日本では十数年前に導入されましたが、最初の頃は手術費用が高額で余り受ける人もいないようだったのですが、その費用が下がってくるに従ってこの手術を受ける人の数も多くなり、今ではメガネやコンタクトによる視力矯正と共によく知られるようになっています。

この手術は、目の角膜を(エキシマ)レーザーで削ることで視力の矯正をするというもので、主にレーシックは近視の矯正のために行われるのです。
手術は二段階でおこなわれ、最初に角膜の表面を薄く剥がして蓋の役目となるフラップと呼ばれるものを作ります。
この過程では、特殊なメスかあるいは特殊なレーザーを使います。

次に剥がした角膜の奥の部分を(エキシマ)レーザーで視力が矯正できるように削ります。
最後にフラップをかぶせておしまいになります。
レーシックの手術の時間は、それ自身は短いもので1時間もかかりません。

たた、事前、事後の検査などがありますので、一日で終わらせることも出来ないことはないようですが、普通は何日か通院することになります。
レーシックに関しては、手術後の後遺症(副作用、合併症)がいろいろと知られています。
ことさらそれを強調した報道などがなされることもありますが、実際、施術者の上手下手はありますので、この手術を受けようと考えている人は、どの施設(医院、クリニックなど)で手術を受けるかが大変重要になってきます。
視力はとても大事なものなのでレーシック手術を考えている方は、手術の後遺症や手術で失敗した人の体験談など、事前に手術のリスクを確認しておいたほうがいいでしょう。
また、フラップを作る時の方法の違いや使用している(エキシマ)レーザーの性能の違いによって(同一の施設でも)手術料金が異なりますので、(料金が)安ければ良いというものでもありません。

 ↓レーシックにかかる費用などについてはこちら

このページの先頭へ