紫外線ケア

レーシック手術の後で太陽がまぶしい件

太陽の光などがまぶしく感じるという症状は、グレアという副作用として知られています。
これは、レーシックの手術をした時に起こりやすいもので、手術後時間がたつと軽減する事が多いのですが、中には、この症状で悩まされる人も居るようです。
レーシックの手術では、フラップという角膜の表面に蓋の役目をする部分を作ってからその下の角膜を削って加工することで視力矯正をして、そのあとフラップを被せておしまいになります。

ここで、二番目の角膜を削って加工するときに、その加工範囲が狭いと瞳孔が開いた時あるいは瞳孔が開き気味の人の場合には、角膜の周辺部が加工されていないため光が乱反射して、グレアになりやすいといいます。
この二番目の角膜の加工は、エキシマレーザーという種類のレーザー機器が使われます。
しかし、この種類のレーザー機器はたくさん開発されていて、それぞれに特徴があります。

その中でも(角膜の)加工範囲の違いがありますので、狭い範囲しか加工できないタイプの機器で手術が行われたような場合には、このグレアが起こりやすいようです。
もうひとつは、フラップが安定していないことによる光の乱反射があります。
手術直後は、フラップが、ただ水分の張力ではりついているだけですからかなり不安定な状態です。

このときには、瞳孔が開いていることも影響して、太陽の光がまぶしく感じるといいます。
しかし、ある程度時間がたちますと次第に解消されるのが一般的だそうです。
グレアは瞳孔が開き気味の夜に起こりやすいのですが、元々瞳孔が開き気味の人の場合には、昼間でも起こるようです。

瞳孔が開き気味の人は、若い人に多いとされていますが、歳とともに瞳孔が閉じ気味になってきますので、若い人の場合は、しばらく我慢して見ることでしょう。
もし、どうしても気になる場合には、再手術という事になりますが、これは、残りの角膜の厚みが十分ないとできません。
再手術できるのであれば、この症状を軽減できるようですが、再手術が不可能な時には、この症状と上手に付き合っていく事しかないでしょう。

このページの先頭へ