紫外線ケア

レーシック手術直後に目薬がとてもしみる件

レーシックの手術は、角膜を変形加工することで視力矯正をするものです。
この角膜には、傷がついた時にまた再生することができる部分と一旦傷をつけると再生しない部分があるといいます。
レーシックの手術でフラップという蓋の役目をする部分は、角膜の表面に作りますが、この部分は再生する部分です。

そして、その下の視力矯正のために加工する部分は一般に再生しないとされています。
角膜の表面に傷をつけて作るフラップは、要は、怪我をしたのと同じようなもので、傷が治るまでにある程度の時間もかかりますし、その間は多少の痛みもあります。
ところで、レーシックの手術直後には、上記の痛みとともに光がギラついていて見えにくいという症状やドライアイの症状もでてきます。

特に、ドライアイはレーシックの手術をした人には誰にでも多かれ少なかれ出てくる症状だといわれています。
このような症状に対処するためと感染症の予防のために、普通はしばらくの間(最低一週間くらい)、目薬をつけることになります。
しかし、これが、特に、術後当日では目に染みることが多いようで、いろいろと口コミでも話題になる事柄です。

目の角膜に傷がついていますので、目の痛みや目薬がしみるということはどうしようもないのですが、個人差があって我慢できる人もできない人もいますので、敏感な人では悩みの種になるのかもしれません。
こういった術後の痛みは個人差がありますが、だいたいは翌日にはそれほど気にならなくなるといわれています。
そういったわけで、とりあえず痛みの件は手術当日のみ我慢すればなんとかしのげるでしょう。

目薬がしみることも手術当日が一番きついでしょうが、翌日から日がたつにつれて、フラップの傷も癒されてきますから、だんだんと軽くなってきます。
フラップが安定してきますと視力も安定してきて、ドライアイの症状も軽くなるそうですから、目薬をつけなくてもすむようになります。
とりあえず、最初の一週間は辛抱してみましょう。
ひと月がすぎる頃には、レーシック手術を受けたおかげで、メガネなどに煩わされることのない裸眼の生活満足しているはずです。

このページの先頭へ