紫外線ケア

レーシック手術を受けられる人は?

レーシックの手術は、目の角膜を削ることでメガネなどの矯正をせずに網膜でのピントをうまくあわせられるようにする手術です。
ところで、人の角膜は、その厚みが0.5mm程度で極めて薄いものです。
角膜を全部削ることはできませんし、削った後の角膜の厚みが少ないと角膜が変形してしまったりして危険ですから、ある程度の厚みのある角膜を持った人でないと、このレーシックの手術は受けられないことになります。

また、一度、レーシックの手術を受けますと角膜の厚みは確実に薄くなりますので、もし、その手術が失敗したような場合には、再手術(再矯正)は極めて難しいと言います。
以上がレーシック手術で一番大きな問題と言えるでしょう。
そうは言うもののレーシック手術は多くの人が受けていますので、上記のような理由で受けられない人は少数であると言えます。

メガネやコンタクトレンズでの視力矯正が面倒だと思う人が、この手術を希望するわけですが、成人している人であれば希望者のほとんどがこの手術によって視力矯正ができると思います。
歳をとっていて老眼になっているあるいはなりつつあるような場合はどうかといいますと、クリニックによっては、老眼治療としてのレーシック(レーシックと言わない場合もあります)手術を手がけているところもあります。
料金は少し高めになると思いますが、近くも遠くも良く見えるようになるという話です。

成長期の子供から少年少女の場合は、この手術が受けられないことがほとんどです。
せめて18才以上でないと難しいでしょう。
あとは、妊娠中の女性の場合も断られることが多いようで、レーシック手術を希望する時には出産後に伸ばしたほうが懸命です。

レーシックには、類似の手術がいくつかありますので、レーシック手術は無理でも類似の手術で視力矯正ができる人もいるようです。
どうしてもという人は(そういった手術を手がけているクリニックなどの)医師に相談すると良いでしょう。
ただし、手術料金は高くなります。
実際にレーシックを受けた人の体験談はこちらをご覧になってみてください。

このページの先頭へ